カレイやヒトデに手で触れて 宮古、4年ぶり「タッチプール」復活

4年ぶりに再開したタッチプールで海の生き物に親しむ鍬ケ崎小の児童=14日、宮古市日立浜町・県立水産科学館
 宮古市日立浜町の岩手県立水産科学館(三浦多美子館長)で14日、磯の生物展が始まった。カレイやヒトデに触れる「タッチプール」が4年ぶりに復活し、子どもたちの歓声が響いた。

 初日は現地で式典を行い、鍬ケ崎小(宇部智康校長、児童119人)の3年生20人が参加。児童は恐る恐る水槽に手を入れ「ヌルヌルしている」と貝や魚の感触に驚いたり、笑い声を上げて楽しんだ。

 同展では37個の水槽に地元漁業者らが提供した魚やカニなどが並び、箱眼鏡で魚を観察する「覗(のぞ)き水槽」も人気を集めた。

 同展は8月20日まで、基本的に月曜休館。

宮古市

岩手
トラウトサーモンPRへ初のまつり 宮古市魚市場で23日
岩手
懐かしい学用品など並ぶテーマ展 宮古・崎山貝塚ミュージアム
岩手
親子で彩るツツジ絶景 宮古の吉浜さん、住民に憩いの場提供
岩手
みちのく潮風トレイル5周年 食や体験、巡って満喫バスツアー
岩手
三鉄40周年コラボ企画が続々 「こはく御守」や限定ビール