鈴木酒造店に最高賞、国際ワイン品評会 金賞に秋田県6銘柄

IWCで純米大吟醸トロフィーを受賞した鈴木酒造店の「秀よし純米大吟醸」
 国際的なワインコンテスト「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)」の日本酒部門で、秋田県から金賞に6銘柄が選ばれた。このうち「純米大吟醸酒の部」では、鈴木酒造店(大仙市)の「秀よし純米大吟醸」が最高賞となる「トロフィー」を受賞した。

 IWCは1984年に始まった世界最大級のワイン品評会で、英国の広告会社が運営する。日本酒部門は2007年に創設。今年は純米酒や純米大吟醸酒など9部門に432蔵元の1500銘柄が出品された。

 金賞は鈴木酒造店のほか、純米酒の部で浅舞酒造(横手市)の「黒麹仕込純米原酒天の戸天黒」、純米吟醸酒の部で日の丸醸造(横手市)の「純米吟醸まんさくの花亀の尾55」と小玉醸造(潟上市)の「太平山純米吟醸澄月」、純米大吟醸酒の部では秋田酒類製造(秋田市)の「しみずの舞」と秋田清酒(大仙市)の「刈穂純米大吟醸種月」がそれぞれ選ばれた。

 日本酒部門の審査は4月5~8日にロンドンで行われ、国内外のソムリエや流通関係者ら59人が審査した。9部門ごとに、金、銀、銅などの各賞を決めたほか、金賞から最高賞の「トロフィー」、次席に当たる「地名トロフィー」を選んだ。

 鈴木酒造店が金賞を受賞するのは初めて。同社の鈴木直樹代表社員(58)は「酒米の洗い方、水分の含ませ方など作業工程を丁寧に行ったことで、味や香りのバランスが取れた酒に仕上がった。輸出にも弾みをつけたい」と話した。

 7月には、トロフィー9銘柄から選ばれる「チャンピオン・サケ」が決まる。

 金賞以外の本県の受賞は次の通り。

 【純米酒の部】▽銀賞=北鹿純米酒生もと(北鹿)、純米辛口福小町(木村酒造)▽銅賞=やまとしずく山廃純米酒(秋田清酒)、阿櫻特別純米無濾過原酒吟の精(阿櫻酒造)

 【純米吟醸酒の部】▽銀賞=雪の茅舎純米吟醸(齋彌酒造店)▽銅賞=刈穂山廃純米吟醸伝統山廃(秋田清酒)、飛良泉純米吟醸酒(飛良泉本舗)、純米吟醸福小町(木村酒造)、雪の茅舎秘伝山廃(齋彌酒造店)

 【純米大吟醸酒の部】▽銀賞=純米大吟醸福小町(木村酒造)▽銅賞=純米大吟醸酔楽天(秋田酒造)、刈穂純米大吟醸嘉永(秋田清酒)、天の戸純米大吟醸35(浅舞酒造)、純米大吟醸まんさくの花山田45(日の丸醸造)、純米大吟醸雪湯澤(木村酒造)、太平山純米大吟醸天巧20(小玉醸造)、雪の茅舎聴雪(齋彌酒造店)

 【本醸造酒の部】▽銀賞=飛良泉山廃本醸造(飛良泉本舗)▽銅賞=北鹿本醸造生もと(北鹿)、清澄辛口本醸造鳥海山(天寿酒造)

 【大吟醸酒の部】▽銀賞=雪の茅舎花朝月夕(齋彌酒造店)、秀よし大吟醸(鈴木酒造店)、秀よし大吟醸松右衛門(同)▽銅賞=太平山大吟醸寿保年(小玉醸造)、大吟醸鳥海(天寿酒造)

 【古酒の部】▽銀賞=天の戸貴醸酒貴樽(浅舞酒造)、山吹10年角ボトル(金紋秋田酒造)

 【普通酒の部】▽銀賞=美酒爛漫美酒パック(秋田銘醸)▽銅賞=精撰天寿(天寿酒造)

横手市

秋田
台風10号、お盆行事に影 西馬音内盆踊りは室内に会場変更
秋田
秋田を満喫!8月は祭り・イベント目白押し!
秋田
カブトの王様と記念撮影 横手、「昆虫展」にぎわう
秋田
林道舞台に迫力の走り きょうまで「横手ラリー」
秋田
秋田を満喫! 暑い夏、ひんやりスポットで楽しもう!