春彩る薄紅色、臥竜梅 山田で4月上旬まで見頃

見頃を迎えた臥竜梅。例年より2週間ほど早く八重の花を咲かせた
 山田町大沢の県指定天然記念物「臥竜梅(がりょうばい)」が見頃を迎えている。樹高の3分の1ほどに達した東日本大震災の津波を耐え、樹齢300年以上とされる古木が八重の花を咲かせ、沿岸部に春の到来を告げている。

 好天に恵まれた3月31日は、町内外の見物客が福士正之さん(60)方の庭を訪れた。竜が横たわるような枝ぶりが名の由来で、淡い紅色の花を咲かす。例年より2週間ほど早い同23日に開花した。

 「昨年より花の数が多く、見応え十分。これまで外出を控えていた人も見に来てほしい」と福士さん。今月上旬まで見頃は続きそうだ。見学無料。

山田町

岩手
年の初めに極寒の「水行」チャレンジ 山田・善慶寺
岩手
山田のまちなか巡ろう 子ども向け「ハロウィン」スタンプラリー
岩手
「ピットイン南風」憩いの場へ 山田・親子でカフェ開業
岩手
暗闇の探検、妖怪が歓迎 山田・鯨と海の科学館でイベント
岩手
道の駅やまだ、プレオープン 産直売店やレストラン備える