普代おでんの缶詰発売 特産の昆布など「味力」凝縮

新発売した「いわて普代おでん」の缶詰
 普代村と、村の第三セクター「青の国ふだい」(社長・柾屋伸夫村長)は「いわて普代おでん」缶詰を開発した。昆布などの特産品が凝縮された一品で、東日本大震災からの復興へ歩む村の「味力」をアピールする。

 缶詰は村産昆布や、タコの口をあぶった同村の珍味「タコとんびバル」などの具材を、昆布のだしで味付け。村産昆布のPRへ協力を重ねてきた盛岡市の料理研究家、小野寺恵さん(60)が監修した。
 村は2016年、震災で村産昆布の消費が減った対策として、すき昆布を活用した「ふだいおでん」を開発。村内の催しなどで提供してきた。今回は新たにタコとんびなどの具材を加え、災害時の非常食にも活用できるよう缶詰として商品化。ラベルにも村伝統の鵜鳥(うのとり)神楽をデザインした。
 小野寺さんは「列車や新幹線でも、お酒と一緒に気軽につまめる。全国の人に食べてもらい、普代を知ってほしい」とPRする。
 200グラム入り税別600円。三陸鉄道普代駅前の「ふだいのアンテナショップ」や近隣市町村の道の駅などで発売中。盛岡市にも販路を拡大する予定。
三陸鉄道普代駅

普代村

岩手
秋だ、祭りだ、行ってみよう 岩手県内各地で地域伝統の催し
岩手
普代の幸「味力」PR 新商品ふりかけ、だしを産直販売
岩手
黒埼灯台(普代村)
岩手
鵜鳥神楽(普代村)