壮観、青白く輝く自然の造形美 八幡平・七滝の氷瀑が見頃

連日の冷え込みで凍り付いた七滝。青白く輝き、存在感を放つ
 八幡平市の七滝の氷瀑(ひょうばく)が見頃を迎え、青白く輝く自然の造形美が訪れる人を楽しませている。

 同市松尾寄木の県民の森・森林ふれあい学習館から樹林帯の登山道を1時間半ほど進むと、眼前に巨大な氷瀑が姿を現す。七滝は落差約30メートル。雪に覆われた氷の内側は勢いよく水が流れ、日々変化する「表情」が目を引く。

 見頃は今月いっぱい。盛岡市手代森から訪れたパート佐々木信雄さん(68)は「今年は雪が多く滝つぼまで凍っていて、いつもと違った魅力がある」と楽しんだ。

八幡平市

岩手
自然保護願い「夢みるビッキー」出版 八幡平の三浦学さん
岩手
かまくら、そり…岩手の冬満喫 八幡平市と雫石町でイベント
岩手
高校生のアイデア光るイルミネーション 八幡平・平舘
岩手
温泉やカフェなどが連携 八幡平市の商工会女性部が初企画
岩手
暮らしの道具、変遷に触れる 八幡平市博物館、26日まで企画展