比内地鶏の卵や肉使用、味に自信 “日本一食べたくなるオムライス”目指す

出場メニューの「秋田風麻婆オムライス」(ブッチャーノ提供)
 “日本一食べたくなるオムライス”を決める「カゴメ オムライススタジアム 2023」の東北大会が9日、仙台市で開かれる。秋田県からは秋田市川尻大川町の「ブッチャーノ」が出場し、比内地鶏の卵や肉、トンブリを使った「秋田風麻婆オムライス」で勝負に挑む。

 食品メーカーのカゴメ(名古屋市)が主催。▽食材や盛り付けで地域色が表現されているか▽トマトケチャップのおいしさを引き出しているか▽店独自のこだわり―などの項目で書類審査が行われ、ブッチャーノを含む4店が東北大会に進出した。

 同店オーナーシェフの深谷祐次さん(37)は、2019年にも同大会に出場し、その際は全国大会進出を逃した。「すごく悔しい思いをしたので、今回は絶対に優勝し全国に行きたい。味には自信があるので、応援してくれる方のためにも頑張る」と意気込みを語った。

 大会用に考案したメニューは、今月13日から3月31日の期間限定で提供する予定。

秋田市

秋田
今にも動き出しそう!羊毛フェルトの作品展 ココラボで23日まで
秋田
「バイバイ、リリー」 大森山でアフリカゾウのお別れ会、来月八木山へ
秋田
四ツ小屋駅のコインロッカー? 新鮮・お手頃と好評、その正体とは…
秋田
千秋公園で秋田犬が待ってるよ 「ふれあい処」オープン
秋田
全国の人気ラーメン店がなかいちに! 6日まで「フェスタ」