色とりどりのツバキ観賞 大船渡で「まつり」プレイベント

さまざまな種類のツバキを観賞する来場者
 三陸・大船渡つばきまつり(実行委主催)のプレイベントは22日、大船渡市末崎町の世界の椿(つばき)館・碁石で開かれ、2月5日に開幕する本番に向け、市の花・ツバキをPRした。

 世界13カ国600種、約700本のツバキが並ぶ。ご当地キャラクター・おおふなトンと大船渡つばき娘が出迎え、つばき油の搾油体験やミニ盆栽作り体験など、さまざまな催しを展開。写真映えスポットが多く設置され、来場者は写真を撮影しながら色とりどりの花を観賞した。

 同まつりは3月21日までで、午前9時~午後5時。2月13、27日、3月13日は休館。入館料は高校生以上500円、小中学生300円。日曜日を中心に「イベント日」もある。問い合わせは同館(0192・29・4187)へ。

大船渡市

岩手
大船渡の縄文土器ほぼ全て集めました 市立博物館で350点展示
岩手
津波に耐えた「ど根性ポプラ」点灯 大船渡、3月11日まで
岩手
ガイドを手に大船渡の遺跡巡り 市内195カ所を紹介
岩手
風を切る爽快感を堪能 きょうまで「東北エクストリームフェス」
岩手
柿のれん、乗客を出迎え 大船渡の三陸鉄道4駅に7千個設置