「氷の世界」プレオープン 盛岡・薮川で31日まで、1月に本開業

制作中の「氷の洞窟」。大きなつららを作るため放水作業が続く
 盛岡市薮川の自然体験施設、安倶里(あぐり)まほら岩手(久保田梓所長)は31日まで、イベント「氷の世界」をプレオープンしている。2023年1月21日の本開業に向け、大きな氷の造形物の制作現場を公開。本州一とされる寒さを生かしてつくられる幻想的な世界の舞台裏を楽しめる。

 「氷の世界」の開催は3年目。前回も人気だった高さ5メートルの「氷の洞窟」と、今回新たに築く高さ9メートルの「氷の城」では、さまざまな形のつららを作るための放水作業中。希望者は特殊なホースを使った水まきを体験することができる。

 夜は前回から倍増した60万球の発光ダイオード(LED)が遊具や木々を彩る。スギの木で鳥居を作り縁結びの神社も設け、ハート形イルミネーションが撮影スポットにおすすめだ。

 午後1時~同9時。イルミネーションは同5時に点灯する。入場料は大人千円、小学生700円、未就学児は無料。

盛岡市

岩手
盛岡の新球場で多彩なセレモニー 記念試合、さんさ、馬コ…
岩手
今年も開催「もりおか短角牛フェア」 盛岡18飲食店、2月末まで
岩手
沿岸の手作り品買って、復興後押し 盛岡・カワトクで「絆フェア」
岩手
心躍る「氷の世界」 盛岡・薮川で造形やイルミネーション
岩手
世界の街並みを3Dアートに 盛岡で米画家の作品展、23日まで