幸多き年、縁起物に託し 宮古で年末の風物詩「お飾り市」

初日から多くの人が縁起物を買い求めた年末恒例の「お飾り市」=27日、宮古市緑ケ丘・市魚菜市場駐車場
 宮古市の年末の風物詩「お飾り市」は27日、同市緑ケ丘の市魚菜市場駐車場で始まった。初日から多くの人が新年の平穏を願い、縁起物を買い求めた。

 宮古お飾り組合(千葉智広組合長)の6店が出店し、宝船や七福神などが描かれた和紙のお飾りや、しめ縄などを販売。和紙のお飾りは大きいもので180センチほどあり、黒と金色を基調としたものやカラフルに描かれたものなど、家内安全や豊漁などを願う。

 販売する同市上鼻の会社員小松志帆さん(49)は「物価高などで世の中が沈んでいる。前向きに笑える新年を迎えたい」とほほ笑む。お飾り市は31日まで。

宮古市

岩手
早採りワカメで春感じて 宮古で5日「まつり」初開催
岩手
旬の毛ガニとワカメを味わって 沿岸8施設が宿泊プラン
岩手
三陸鉄道「こたつ列車」ぬくもり運ぶ 「なもみ」も登場
岩手
クリスマスの思い出、形に 宮古で24日、撮影会や飲食販売
岩手
アワビづくしの宿泊いかが 宮古と田野畑、大槌の9施設がプラン