クリスマスの思い出、形に 宮古で24日、撮影会や飲食販売

 宮城県丸森町から宮古市にIターンした市地域おこし協力隊の八島悟さん(26)は、新天地で知り合った若者たちと地域の盛り上げに奮闘している。24日は同市末広町で「クリスマスフォト&マーケット」を初開催する。同世代の有志と実行委をつくって企画し、記念写真の撮影会や飲食の出店など冬の思い出づくりの場を提供する。

 実行委は八島さんが代表を務め、市内の20~30代の会社員や個人事業主ら7人で構成する。今月中旬には同市末広町の若者の交流拠点みやっこハウスにメンバーが集まり、催しの備品調達や人員配置などを入念に打ち合わせた。

 催しは同市末広町の花の木通り付近の空き店舗で開催。八島さんによる撮影会(2カット500円)や地元事業者4団体による飲食販売などを行う。午後4時~8時。問い合わせは八島さん(080・1665・8765)へ。

宮古市

岩手
旬の毛ガニとワカメを味わって 沿岸8施設が宿泊プラン
岩手
幸多き年、縁起物に託し 宮古で年末の風物詩「お飾り市」
岩手
三陸鉄道「こたつ列車」ぬくもり運ぶ 「なもみ」も登場
岩手
アワビづくしの宿泊いかが 宮古と田野畑、大槌の9施設がプラン
岩手
高品質のマダラを味わって 12月から宮古・山田・岩泉でフェア