日常に包帯巻いてみた 釜石で浜口芽さん個展、商店街とコラボ

軒先の鉄製の棒に包帯を巻く浜口芽さん
 釜石市大平町の釜石大観音仲見世通りの商店街で、陸前高田市高田町の現代美術家浜口芽(めい)さん(32)の個展「シルエットの感触」が開かれている。日常で見慣れた物の形を改めて見つめ直す作品が並ぶ。

 扇風機やミシン、ギターなどの日用品や楽器に包帯を巻き付けた33点を展示。包帯の持つ「痛々しさ」や「保護」といったイメージを抑えるために強い力で巻き、身近にあるからこそ細部まで見なくなってしまった物の形を浮き彫りにした。白く丸みを帯びた作品の「正体」は何なのか、訪れた人は興味津々で鑑賞を楽しんでいる。

 コワーキングスペースco-ba kamaishi marudaiで午前10時~午後4時。入場無料。問い合わせは同所(0193・27・8638)へ。

釜石市

岩手
ミッフィーカフェ、卯年盛り上げ 釜石、珍しい展示品や絵本並ぶ
岩手
リゾット缶が最優秀賞に 釜石、新東北みやげコンテストで
岩手
地酒「源水 純米吟醸」が完成 大槌町産の酒米と湧き水を使用
岩手
県産食材の品定め楽しんで 釜石で「いわてみのりマルシェ」
岩手
じっくり観察、かまいSEA 岩手大の有志が移動水族館