洋野に憩いの宿 食堂はまなす亭「ゲストハウス」をオープン

ソファや暖炉もあり、くつろげる空間の1階飲食ホール
 洋野町種市の食堂「はまなす亭」(庭衣津子(いつこ)代表)は19日、簡易宿所「ゲストハウスはまなす亭」をオープンした。東日本大震災で食堂を失った災難を乗り越え、創業者で庭代表(47)の母静子さん(73)の長年の夢が実現した。目の前に広がる海からの恵みを味わいながら、人情味あふれる地元住民と気軽に交流できる場を提供する。

 食堂隣に木造2階建て、延べ床面積131平方メートルのゲストハウスを新築した。1階の飲食ホールにはソファや暖炉が置かれ、くつろげる空間に。共用のキッチン、トイレ、シャワー、洗面台も備えた。

 2階は個室(2部屋)、2人部屋(2部屋)、4人相部屋(1部屋)の客室を設けた。最大10人が宿泊可能で家族連れや長期滞在にも応じる。宿泊料金(1人)は個室と2人部屋が4千円(4~8月4500円)、4人相部屋が3500円。

 問い合わせは、はまなす亭(0194・65・2981)へ。

洋野町

岩手
豆腐店のジェラートが人気 洋野、地元野菜や豆乳使用
岩手
にぎわい拠点、笑顔咲く 洋野「ヒロノット」でクラフトフェス
岩手
沿岸の旅、魅力知って スタンプラリーや体験企画の発信を強化
岩手
3年ぶりナニャドヤラ大会 洋野・18日、街頭流し踊り
岩手
シーズンの幕開け祝う 洋野、種市海浜公園で安全祈願祭