旧佐々木家住宅の食堂、今月末で閉店 客足伸びず決断

まがりや食堂が入る旧佐々木家住宅
 秋田県にかほ市院内にある公園・薫風(くんぷう)苑の一角に立つ、明治初期建設の市有形文化財「旧佐々木家住宅」。馬屋と住家が一体となったこの「曲屋(まがりや)」に、2001年オープンした「まがりや食堂」が今月末で閉店する。採算が取れなくなってきたため、運営する市シルバー人材センターが決断した。


 市文化財保護課によると、旧佐々木家住宅は1876(明治9)年に同市畑に建てられた。1991年の台風で屋根が破損するまでは、この家を建てた佐々木勝松さん(故人)のひ孫に当たる勝男さん(75)、徳子さん(74)夫婦が暮らしていた。

 台風被害を受け、解体を余儀なくされたが、旧仁賀保町から曲屋を残したいと申し出があり、勝男さんは建物を無償譲渡。町は解体後も部材を管理し、2001年公園内に建物を移築した。内部は無料で公開している。

 まがりや食堂は、気軽に旧佐々木家住宅に足を運んでもらおうと、町などの発案でオープン。当初は町社会福祉協議会が運営し、11年からシルバー人材センターが引き継いだ。

 メニューはそば、うどん、おにぎりなど。かつての茶の間や座敷が客席となっており、いろりや床の間を眺めながら食事が楽しめる。

 これまではサラリーマンや近くのグラウンドゴルフ場利用者らがよく訪れていたが、なかなか客足が伸びず、年間20万円程度の赤字となる年もあった。不足分は、人材センターからの持ち出しでカバーした。

 センターは市と協議し、今夏に終了を決断。10月下旬に食堂に営業終了を告げる張り紙を掲示した。人材センターの担当者は「心苦しいが、センターの本来業務に支障が出ないように考えた結果。残りわずかだが、気軽に足を運んでほしい」と話している。

 13日は休業し、その後は30日まで無休で営業する。午前11時~午後2時。問い合わせは市文化財保護課TEL0184・43・2005

旧佐々木家住宅で暮らした夫婦のカフェも…

 旧佐々木家住宅から約4キロ。にかほ市畑にある「古民家カフェじんざぶろう」も今月で店を閉める。30年前まで旧佐々木家住宅で暮らした佐々木さん夫婦が営むカフェだ。二つの店の閉店が、偶然にも重なった。


 旧佐々木家住宅の解体後、佐々木さん夫婦は同じ土地に自宅を新築。手芸が趣味の徳子さんが作品とコーヒーを楽しめる場をつくろうと、すぐそばに空き家を借りて開いた。勝男さんが育てた野菜などを使ったカレーや雑煮が人気を集めた。

 営業は金土日と祝日のみ。時に友人の手も借りながら夫婦で経営してきたが、高齢となり、疲れやすくなったことから閉店を決めた。

 まがりや食堂と同じタイミングとなったことについて徳子さんは「驚いた。同じ時期になるとはびっくり」、勝男さんは「これまで生家を有効活用してくれたのはありがたい」と感謝を口にする。

 13日は休業し、残る営業日は18、19日の2日間。徳子さんは「思いっきり心を込めてありがとうを伝えたい。確実に入店するためには、予約をお願いしたい」としている。

 営業は午前11時~午後5時。問い合わせは、じんざぶろうTEL090・7939・5534

にかほ市

秋田
南極の最新映像楽しんで 白瀬記念館、上映内容リニューアル
秋田
残雪の鳥海山に桜の彩り にかほ市・勢至公園で見頃近づく
秋田
蚶満寺のカワヅザクラ、春の雰囲気漂う 暖冬の影響で2月に開花
秋田
フェライト館がリニューアル! 楽しいアトラクション追加
秋田
フクジュソウ、春の訪れ告げる にかほ市大竹で見頃