柿のれん、乗客を出迎え 大船渡の三陸鉄道4駅に7千個設置

三陸駅で駅利用者を出迎える柿のれん
 大船渡市観光物産協会(斉藤俊明会長)は11日、同市三陸町越喜来の三陸鉄道リアス線三陸駅ホームに柿のれんを設置した。陽光に照らされ、鮮やかなオレンジ色に輝く地元特産の柿が駅利用者を出迎える。

 同協会の職員や地域住民ら約10人が、駅待合室で同市産の小枝柿約2千個の皮をむき、ホームに運んでつるしていった。

 同駅の柿のれんは、1999年から続く恒例行事。今年は盛、綾里、吉浜の各駅にも設置し、合わせて約7千個の柿をつるした。1カ月ほどで干し柿が完成する見込みで、駅利用者に配るほか、来年の元日、初日の出列車の乗客にも手渡す予定。

大船渡市

岩手
ガイドを手に大船渡の遺跡巡り 市内195カ所を紹介
岩手
風を切る爽快感を堪能 きょうまで「東北エクストリームフェス」
岩手
「ふうふ」見つめ直す企画展 大船渡、同性婚への理解促す
岩手
特別展「シン・大船渡」開催 市立博物館で4分野の新発見を紹介
岩手
きょうあす、大船渡市産業まつり キャッセン、気仙丸も催し