大雨への備え語ろう 盛岡で13日に「雨そな100年トーキング」

ポスターを手に催しをPRする関係者
 大雨への備えを考える「雨そな100年トーキング」(実行委主催)は13日、盛岡市上田の岩手大復興祈念銀河ホールで開かれる。

 同市のダム治水や近年の気候変動、水害への備えなどに関する気象予報士の講演や、東北地方整備局北上川ダム統合管理事務所の畑山作栄所長ら5人による意見交換などを行う。

 畑山所長は「(同市や雫石町などで被害が出た)2013年の大雨から約10年。大雨被害を自分事として捉えて備える機会にしてほしい」と呼びかける。

 定員100人で入場無料。申し込みは同事務所の電話(019・643・7831)、ファクス(019・643・7977)へ。13日は動画配信サイト・ユーチューブの同事務所公式チャンネルでライブ配信も行う。

盛岡市

岩手
目玉をモチーフ、不思議な世界 盛岡で渡辺さん個展、27日まで
岩手
東家本店が85年ぶりに改装 「何十年先もわんこそばを」
岩手
輝く青春の力作が一堂に 県高総文祭美術工芸展、15日まで
岩手
床紅葉、幻想的な風景を織りなす 盛岡・南昌荘
岩手
特産品発信カフェ開店 購買行動をAIで分析、販売戦略を後押し