石に彩色、子ども食堂支援 北上・諄子美術館、販売収益を寄付

色とりどりのオリジナルストーン。販売収益は子ども食堂運営に役立てる
 北上市大通りの諄子美術館(及川諄子館長)は、及川館長(79)が石に絵を描いた「オリジナルストーン」の販売を始めた。収益の全額を、同市で子ども食堂を運営するキッチンすまいるの会(菊池洋子代表)に寄付する。

 ストーンは、こぶし大から幼児の手に収まる大きさまで100個以上が同館に並ぶ。アクリル絵の具とラメ入りペンで描かれた模様は、花畑や星空のよう。一つとして同じものはなく、見る人をわくわくさせる。

 ストーンは大(500円)、中(300円または400円)、小(200円)の3種類。29日までは及川館長の絵画35点も展示している。

 午前11時~午後4時(入館は同3時半まで)。入館料は18歳以上200円。問い合わせは同館(090・9635・0303)へ。

北上市

岩手
仏像、油絵など幅広い企画展 北上・利根山美術館、来月末まで
岩手
学校制度150年を振り返る 北上市立博物館企画展
岩手
ものづくりの魅力一堂に 北上で来月「テクノメッセ」
岩手
秋の陽光、満開晴れ晴れ 北上で6万本のヒマワリが見頃
岩手
地元愛凝縮ハンバーグ 北上・テイクアウト「なにもん」