夜の敷地にバラが咲いた 光と音のショー、花巻温泉で開始

光と音楽で幻想的な空間を演出している花巻温泉
 花巻市湯本の花巻温泉(安藤昭社長)は27日、夜間に屋外施設や敷地を彩るライティングショー「バラと光と音のアンサンブル」を始めた。毎日5回、四季をイメージしたオリジナル曲に合わせて赤や青、黄などの光が点滅し、幻想的な空間を演出している。

 ショーは発光ダイオード(LED)の照明120台を使用。入り口ゲートから約400メートル続くメインストリートの木々と、温泉・宿泊施設3館に複数の色の光を当て、バラをかたどったライトで路上を照らす。

 観覧無料。通年開催で各回7分ほどで、日没後の午後5時半、6時半、7時半、8時、8時半から。

花巻市

岩手
待ってた、ワカサギ釣り 花巻・田瀬湖で今シーズンの事業開始
岩手
県産材使ったおもちゃがいっぱい 花巻の美術館、木育を推進
岩手
高校生が開発、花巻スイーツ 花北青雲高、地元企業と協力
岩手
ひといち朝市を歩行者天国で 花巻、89年開始以降初めて
岩手
欧州家庭料理、テイクアウトで楽しんで 花巻「サジオ」28日開店