元駅長の夫、愛した品々 盛岡、「鉄道の日」に合わせ展示

旧国鉄時代の品々を自宅で展示している大槻登志さん
 「鉄道の日」とされる10月14日は鉄道開業150周年。盛岡市川目の大槻登志さん(81)は節目に合わせて、旧国鉄時代の品々を自宅で公開している。旧国鉄時代、県内各地の駅長を務めた夫の良輔さん(故人)とともに利用促進に尽力した大槻さんは、今となっては珍しい思い出の品を見てほしいと願う。

 居間のテーブルには、列車のヘッドマークや切符に切り込みを入れるはさみ、レールを枕木に固定するくぎ、国鉄旗、運転士らが身に着ける腕章、バッジなどが並ぶ。良輔さんの同僚から贈られたものも含め、家のあちこちで100点以上を見られる。

 見学は今月末まで。問い合わせは大槻さん(019・653・5536)へ。

盛岡市

岩手
目玉をモチーフ、不思議な世界 盛岡で渡辺さん個展、27日まで
岩手
東家本店が85年ぶりに改装 「何十年先もわんこそばを」
岩手
輝く青春の力作が一堂に 県高総文祭美術工芸展、15日まで
岩手
大雨への備え語ろう 盛岡で13日に「雨そな100年トーキング」
岩手
床紅葉、幻想的な風景を織りなす 盛岡・南昌荘