盛岡地域の食品や工芸品が一堂に集まる会場
 盛岡地域の特産品を一堂に集めた「もりおか味と工芸展2022」(実行委主催)は22日、盛岡市菜園のカワトク7階催事場・ダイヤモンドホールで開幕した。昨年はコロナの流行に伴い中止し、2年ぶりの開催。26日まで。

 30事業者が出展。ステーキ弁当や盛岡駄菓子の実演販売のほか、繭細工や職人用ミシンで作るショルダーバッグの体験教室もある。短角牛のローストビーフ、だし巻き卵、白金豚メンチカツを福田パンのコッペパンにはさんだ3種類の「コラボ総菜パン」を各日正午から各20点限定で販売している。

 同市と沖縄県うるま市の友好都市提携10周年に合わせ「ミニ沖縄展」も開かれている。午前10時~午後7時(最終日は同5時まで)。

盛岡市

岩手
目玉をモチーフ、不思議な世界 盛岡で渡辺さん個展、27日まで
岩手
東家本店が85年ぶりに改装 「何十年先もわんこそばを」
岩手
輝く青春の力作が一堂に 県高総文祭美術工芸展、15日まで
岩手
大雨への備え語ろう 盛岡で13日に「雨そな100年トーキング」
岩手
床紅葉、幻想的な風景を織りなす 盛岡・南昌荘