いしがき、響け復活の音 盛岡・きょう3年ぶりフェス

のぼり旗の設置や機材の搬入など準備が進む「いしがきミュージックフェスティバル」のメインステージ。盛岡に音楽の熱気が戻る=22日、盛岡市内丸
 盛岡市中心部に音楽の熱気がよみがえる。いしがきミュージックフェスティバル(実行委主催)は23日、3年ぶりに岩手公園などで開かれる。新型コロナウイルス禍で苦境に立たされてきた音楽業界だが、運営団体やアーティストはこの日を待ちわび、地道な活動を続けてきた。閉塞(へいそく)感が漂う今こそ「音楽の力を伝えたい」と本番に臨む。

 22日はボランティア約20人が「城下町に笑顔があふれだす」と記されたのぼり旗約300本を会場周辺に設置。ステージにはトラックから機材が運び出され、着々と準備が進んだ。

 岩手公園を主会場に、JR盛岡駅やモスビル前など計8ステージに75組が出演予定。県内外のアーティストや学生バンド、吹奏楽団などがさまざまなジャンルの音楽を届ける。

 本番は午前10時20分からの肴町ステージを皮切りに午後7時まで続く。

盛岡市

岩手
今年も開催「もりおか短角牛フェア」 盛岡18飲食店、2月末まで
岩手
沿岸の手作り品買って、復興後押し 盛岡・カワトクで「絆フェア」
岩手
心躍る「氷の世界」 盛岡・薮川で造形やイルミネーション
岩手
世界の街並みを3Dアートに 盛岡で米画家の作品展、23日まで
岩手
かけて楽しむ薮川の味 まほら岩手と高校生、ソースを共同開発