金色の「暴れみこし」威勢よく 山田八幡宮・神幸祭、3年ぶり開催

みこしを担ぎ、威勢のいい掛け声を上げる男衆
 山田八幡宮(佐藤明徳宮司)の神幸祭は18日、町中心部で3年ぶりに催され、金色の「暴れみこし」が威勢よく地域を駆け巡った。

 山田八幡宮神輿(みこし)会(高野博樹会長)の男衆78人がみこしを担ぎ「ワッセ、ワッセ」とかけ声を上げて地域を練り歩いた。その前後では、神楽や虎舞などの山車が笛や太鼓を響かせた。

 19日は大杉神社の神幸祭で、みこしが海を渡る海上渡御を予定している。

山田町

岩手
沿岸の旅、魅力知って スタンプラリーや体験企画の発信を強化
岩手
屋台ずらり、まちに活気 「山田にぎわい市」を初開催
岩手
アウトドアは南部鉄器で 「オコゼパン」開発、CFの返礼品に
岩手
教え子活躍、タコス店オープン 山田で塾経営の竹内さん
岩手
磯の香りが広がる「あかもくラーメン」 道の駅やまだで販売