旬の味、原木マイタケ 宮古・川井地域特産、収穫盛ん

朝露にぬれたマイタケ
 宮古市の川井地域で、特産の原木マイタケが収穫最盛期を迎えている。

 同市川内の道の駅やまびこ館裏手の圃場で15日、同館を運営する川井産業振興公社の佐々木孝営業課長(52)が株元から優しく刈り取った。朝露をまとったマイタケは、大きい株で直径30センチ、重さ3キロほど。降雨や気温低下の影響で、10日ごろから一気に姿を現し始めたという。

 山々に囲まれる川井地域は、朝晩の冷え込みを生かしたマイタケ栽培を収入源としてきた。生産者が減少する中、同館は即売会や館内レストランで提供するため、昨年に栽培を開始。価値の向上を図っている。

 17、18の両日は、午前9時半から同館でマイタケの即売会が開かれる。

宮古市

岩手
幸多き年、縁起物に託し 宮古で年末の風物詩「お飾り市」
岩手
三陸鉄道「こたつ列車」ぬくもり運ぶ 「なもみ」も登場
岩手
クリスマスの思い出、形に 宮古で24日、撮影会や飲食販売
岩手
アワビづくしの宿泊いかが 宮古と田野畑、大槌の9施設がプラン
岩手
高品質のマダラを味わって 12月から宮古・山田・岩泉でフェア