絵手紙で心和らげて 久慈で2教室が合同作品展

作品展に向けて準備を勧めるメンバー
 久慈、盛岡の両市で絵手紙教室を主宰する久慈市大川目町の高谷淳子さん(78)は17~24日、同市中町の道の駅くじやませ土風館で合同作品展「20年の歩み」を開く。

 両教室のメンバーらが描いた絵手紙や巻紙など千点以上を展示。地域の景勝地や風物詩、人物や植物など多彩な題材をそろえ、個性あふれる色使いや言葉で温かさを届ける。

 多くの人が立ち寄れるよう、久慈秋まつりの開催日に合わせた。高谷さんは「ようやく生徒たちの力作を披露できる。味わいある作品に癒やされてほしい」と願う。

 午前9時~午後7時。入場無料。

久慈市

岩手
手のひらに「魚ガイド」 もぐらんぴあ、案内端末を試験運用
岩手
三陸鉄道「こたつ列車」ぬくもり運ぶ 「なもみ」も登場
岩手
水槽の中は華やか、クリスマス気分 久慈、もぐらんぴあ企画展
岩手
芸術性と思いあふれる作品 久慈の障害者支援・はあと舎初展示
岩手
沿岸の旅、魅力知って スタンプラリーや体験企画の発信を強化