北秋田市の写真愛好家、地元の魅力切り取る 29日まで展示

会員の作品が並ぶ写真展
 秋田県北秋田市の写真愛好家らでつくる「もりよし写真クラブ」(金田英明代表)の作品展が、同市の市民ふれあいプラザ・コムコムで開かれている。会員たちが撮影した18点が並ぶ。29日まで。

 森吉山や秋田内陸線で、昨春から今夏にかけて撮影された作品が中心。花が咲き誇る線路沿いを駆け抜ける列車や、奥阿仁の滝、ブナ林など被写体はさまざま。中には、鳥海山麓で撮影されたものもある。

 金田代表は「普段目にする何げない景色の中にも、素晴らしい景色はたくさんある。地元の魅力を写真を通じて発信したい」と話した。

 友人と鑑賞した鷹巣中3年の中山優心(こころ)さん(15)は「ピントを被写体に合わせてきれいに撮っていてすごい。まねして写真を撮ってみたい」と話した。

 クラブは20年ほど前から活動しており、作品の発表の場として毎年数回、展示会を開いている。

 入場無料。午前8時半~午後10時。

北秋田市

秋田
どぶろく80銘柄審査、試飲も! 「研究大会」参加者募集、北秋田
秋田
願い事書いた紙、クリスマスツリーに飾れるよ 北欧の杜公園
秋田
阿仁伏影地区のリンゴで、爽やかな発泡酒を! 協力隊員が開発
秋田
四季折々の内陸線、カレンダーに 23年版、卓上サイズ
秋田
鮮やかな色、赤水渓谷埋め尽くす 北秋田市森吉