特産アスパラをリキュールに 金ケ崎薬草酒造開発、芳醇ハーブ

地元産アスパラガスを使ったハーブリキュールをPRする老川和磨社長(左)と林優花さん
 金ケ崎町西根の金ケ崎薬草酒造(老川和磨社長)は地元特産品のアスパラガスを使ったハーブリキュール「カフェ・アペリティーボ・カズ」を開発し、6月から販売を始めた。アスパラガスを使ったリキュールは全国的にも珍しく、ラベルデザインも同町の形をモチーフにした。一見奇抜な組み合わせだが、香りを生かしたバランスの良い味わいに仕上げ、人々の注目と人気を集めている。

 原料には同町産や老川社長(29)の父武喜さん(62)が栽培するアスパラガスを使い、根元部分からうまみと風味を抽出。青々とした香りにコーヒーやハーブ、スパイスも合わせ、芳醇(ほうじゅん)な味わいのリキュールに仕上げた。アルコール度数は27度。

 500ミリリットル入り瓶で2640円。町内の酒販店などで購入できるほか、同社ホームページ(https://www.kspyakusou.com)でも購入できる。

金ケ崎町

岩手
「奥州ロマンの旅」半額に 胆江地区の名所、タクシーで案内
岩手
地元野菜+ハーブ、カクテルに 金ケ崎「駅前マーケット」で販売へ
岩手
金ケ崎の「白糸ちゃん」です 町が新キャラを開発
岩手
巡ろう「カレーがさき」 金ケ崎町観光協、スタンプラリー開催
岩手
伝建群の暮らし知って 金ケ崎町要害歴史館で企画展