伝統の舞、ここに復活 北上・みちのく芸能まつり

28年ぶりに演目として復活した小鳥崎さんさ踊り。手拭いを振りながら踊る市民パレードの参加者に大きな拍手が送られた
 全国各地の民俗芸能団体が伝統の舞を披露し、にぎやかなはやしがこだまする。6日に北上市中心部で開幕した第61回北上・みちのく芸能まつり。新型コロナウイルス感染症の影響で3年ぶりに復活し、多彩な芸能が観衆を魅了する。

 芸能公演は7日までの期間中に約80団体、計2200人が出演予定。初日は、各地の鬼剣舞や神楽など多様な芸能が披露され、観客は太鼓や笛の音に合わせて力強く舞う姿に大きな拍手を送った。市民パレードでは、28年ぶりに小鳥崎さんさ踊りが演目として採用され、浴衣姿の出演者が笑顔で手拭いを振った。

北上市

岩手
カシミヤ製品、セールで身近に 北上・ユーティーオー2月17、18日
岩手
とんかつ、地域密着の味 北上に専門店「あげもん」オープン
岩手
石に彩色、子ども食堂支援 北上・諄子美術館、販売収益を寄付
岩手
仏像、油絵など幅広い企画展 北上・利根山美術館、来月末まで
岩手
学校制度150年を振り返る 北上市立博物館企画展