舞い戻る盛岡さんさ踊り 規模縮小も3年ぶりに開催

3年ぶりに開幕した盛岡さんさ踊り。夏の夜空に太鼓の音が響いた=1日、盛岡市中央通
 第45回盛岡さんさ踊り(実行委主催)は1日、盛岡市中央通を主会場に開幕した。新型コロナウイルス感染症の影響で3年ぶりの開催。感染対策で全体規模は縮小したが、軽やかな太鼓と笛の音、情熱的な群舞が盛岡の夏の夜を彩った。

 ミスさんさ踊りと太鼓連に続き、各団体が色とりどりの浴衣姿で華麗な舞を披露した。感染対策で団体の参加人数は150人を上限とし、初日は35団体2518人が出演。それぞれ約2メートルの距離を空けて踊り、観客はマスクを着けて大きな拍手を送った。

盛岡市

岩手
目玉をモチーフ、不思議な世界 盛岡で渡辺さん個展、27日まで
岩手
東家本店が85年ぶりに改装 「何十年先もわんこそばを」
岩手
輝く青春の力作が一堂に 県高総文祭美術工芸展、15日まで
岩手
大雨への備え語ろう 盛岡で13日に「雨そな100年トーキング」
岩手
床紅葉、幻想的な風景を織りなす 盛岡・南昌荘