芝生拡張、バンガロー改装 美郷町飯詰のキャンプ場

全面改装したバンガロー
 秋田県美郷町飯詰の「雁(かり)の里山本公園ふれあいの森キャンプ場」の改修工事が今月完了し、芝生広場が拡張され、バンガロー3棟がリニューアルされた。施設の老朽化やテント利用者の増加を受け、今年5月上旬から工事を進めていた。

 6棟あったバンガローのうち3棟は解体し、跡地に芝生を整備。テントを設置できるスペースを増やした。このほか、凹凸のあった地面を平らにし、芝生のはげている場所には新たに敷いた。残った3棟のバンガローは、壁の塗り直しや台所シンクの交換、洋式トイレの設置などを行い全面改装した。総工費は1540万円。

 町によると、5~11月のテント設置件数(駐車場付きのオートキャンプ区画を除く)は、2019年の2085件から、20年2238件、21年3466件と増加傾向にある。

 町商工観光交流課の担当者は「連休にはテントを張る場所が足りなくなる日もあった。新型コロナウイルス禍で、屋外でのレジャー活動の需要が高まっている」とみる。こうした状況を受けてリニューアルに踏み切ったとした上で「テントを張れるスペースが増え、きれいで使い勝手も良くなったので、多くの人に利用してほしい」と話した。

 雁の里山本公園は現在、町の委託を受けた第三セクター・あきた美郷づくりが管理。敷地にはキャンプ場のほか、パークゴルフ場、多目的グラウンド、後三年スキー場などがある。キャンプ場は1990年から営業しており、利用可能面積は約4千平方メートル。

 利用料はバンガロー1泊5150円、テント1張り550円(オートキャンプ区画は1050円)。予約、問い合わせは雁の里管理休憩棟TEL0187・83・2707

美郷町

秋田
良い香りでリラックス!美郷のラベンダー見頃 30日まで「まつり」
秋田
「竹うち」雪不足で中止 美郷町六郷、安全確保できず
秋田
真昼岳登山楽しもう モンベル秋田美郷店、8月までの計4回
秋田
自然の中で「ととのう~」 美郷町にテント型サウナ登場
秋田
美郷町六郷に「ねこの駅」 猫グッズの数と種類の多さに圧倒