北上で10月、新たなランイベント誕生 きょうから受け付け

北上市内を走る新企画「ランフェスきたかみ」のポスター
 北上市で10月、新たなランニングイベントが誕生する。20年の歴史に昨年幕を下ろした「いわて北上マラソン大会」の後継企画で市街地や観光地を走る、その名も「ランフェスきたかみ」。地元の特産品を販売するマルシェ、ステージ発表を交え、まちの魅力を発信する。

 市とスポーツ、商工、観光団体からなる運営委員会が10月9日に開催。名称はランニング(ラン)とフェスタ(フェス)にかけている。

 ランの部は、同市相去町の北上総合運動公園が発着点。展勝地、北上駅、市役所、和賀川沿いを巡るまちなかコース(23キロ、制限時間3時間半)、同公園周辺を巡る田園のんびりコース(10キロ、同1時間半)の二つ。計6カ所の休憩拠点「エイドステーション」では、さまざまな地元食材を味わえる。

 エントリーはランニングポータルサイト「ランネット」で15日から1カ月間受け付け、定員千人。問い合わせは事務局(0197・72・8270)へ。

北上市

岩手
石に彩色、子ども食堂支援 北上・諄子美術館、販売収益を寄付
岩手
仏像、油絵など幅広い企画展 北上・利根山美術館、来月末まで
岩手
学校制度150年を振り返る 北上市立博物館企画展
岩手
ものづくりの魅力一堂に 北上で来月「テクノメッセ」
岩手
秋の陽光、満開晴れ晴れ 北上で6万本のヒマワリが見頃