森吉山ダム湖で桜の鑑賞会 市民植樹400本、今月中旬見頃

オカリナの演奏などを楽しんだ「桜を見る会」
 秋田県北秋田市の森吉山ダム湖「森吉四季美湖」周辺で6日、地域住民らが植えたヤマザクラを観賞する「桜を見る会」が開かれた。約50人が参加し、遅咲きの花を見ながら、市内のサークルによる演奏を楽しんだ。

 「森吉四季美湖を守る会」(庄司憲三郎代表)の主催。ダム湖の景観を守り、市民らの憩いの場をつくろうと、2011年から様田駐車場周辺に約400本のヤマザクラを植えてきた。県内外にPRするため、昨年に続き観賞会を開催した。今年はまだ開花している木は少ないが、今月中旬には見頃を迎えるという。

 四季美湖畔公園でセレモニーが行われ、庄司会長は「植えた木は花見ができるほど成長した。憩いの場として周辺がさらに整備されることを期待する」と述べた。

 この後、市内のオカリナサークル「ドナーチェ」(石上みち子代表)の会員11人が、同市出身の作曲家成田為三の代表曲「浜辺の歌」などを演奏し、参加者を楽しませた。

北秋田市

秋田
北秋田・仙北宿泊の東北在住者対象 内陸線きっぷプレゼント
秋田
内陸線沿線から星空楽しもう! 道具貸し出し、宿泊プランも
秋田
棚田や杉林でキャンプ 北秋田「森のテラス」にテントサイト
秋田
マタギや釣り人…内陸線沿線のかかし、好みはどれ? 投票中
秋田
今年生まれの2頭は「ひかり」と「あかり」、くまくま園