スイーツ巡り、祭り体験…内容充実 北東北観光キャンペーン始動

 秋田県と青森、岩手の3県の観光を一体的にPRする「北東北三県大型観光キャンペーン」が1日に始まった。新型コロナウイルス禍で打撃を受けた観光需要の回復に期待が高まる。9月30日までの期間中、県内各地で限定イベントやツアーなど多彩な特別企画が催される。

 キャンペーンは、3県などでつくる北東北三県観光立県推進協議会とJR東日本が実施。臨時列車も多数運行し、首都圏などから北東北への誘客拡大を狙う。

 県内では約30の特別企画を展開する。北秋田市では今月下旬から、世界文化遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」にちなんだスイーツ巡りイベントを実施。市内の飲食店などが土偶や岩偶をモチーフにしたオリジナルスイーツを販売する。参加店舗を示したマップも作る予定だ。

 夏祭りの魅力をPRする催しもある。羽後町では、西馬音内盆踊りの定期公演の鑑賞と合わせて、端縫(はぬ)い衣装の着付けや踊り、藍染めの体験ができる企画を用意。秋田市役所前の広場では、観光客らが地元竿燈会の練習に参加できる。

 このほか、ジオガイドと一緒ににかほ市の滝などを巡るツアーや、藤里町の清流の浅瀬で椅子に座り、ゆったりと過ごしてもらう「チェアリング」体験など、自然を満喫できる企画もめじろ押しだ。

 昨年4~9月には、東北6県とJRグループが大型観光企画「東北デスティネーションキャンペーン」を展開。ところが同時期、東北を含む各地で緊急事態宣言が発令されるなどコロナ禍が直撃したため、積極的な誘客活動ができなかった。

 秋田県観光文化スポーツ部の石黒道人部長は「今回は県内外から多くの観光客を迎えたい。3県を周遊して楽しむのもお勧め」と話している。

 特別企画の日程や料金などは随時、特設サイト(https://doki2-akita.com)に掲載する。キャンペーンに関する問い合わせは県観光振興課TEL018・860・2261

青森
映えスポット登場 聖愛中高前駅、聖愛高生が制作
青森
映画館フォーラム八戸 来年1月閉館
秋田
LED5万5千個が幻想的 小坂鉱山事務所周辺でクリスマスイルミネーション
岩手
イルミネーション、輝き幻想的 花巻、2月まで点灯
岩手
地元食材ふんだんなラーメン 八幡平、酸味や辛味がくせに