アウトドアは南部鉄器で 「オコゼパン」開発、CFの返礼品に

オコゼパンを手にする中嶋康文さん
 山田町でアウトドア用品ブランド「EFRICA(エフリカ)」を展開する自営業・中嶋康文さん(44)は、奥州市の南部鉄器製造・及富(おいとみ)(及川一郎(かずお)社長)と2枚組みスキレット「オコゼパン」を開発した。「先行販売」と位置付け30日までクラウドファンディング(CF)を行い、返礼品として贈る。岩手の自然を楽しむセンスと伝統技術を掛け合わせた逸品で、注目を集めそうだ。

 スキレットとは鋳物製フライパンのこと。オコゼパン本体は15・7センチ角の正方形で、ちょうど食パンが納まるサイズだ。マタギのお守りとされたオコゼをデザインしている。

 次作としてアウトドア用の南部鉄器製ケトルも開発中で、中嶋さんは「アイデアはまだまだある。ファンに愛される商品を提供したい」と話す。一般販売など、問い合わせは中嶋さん(050・3697・6903)へ。

山田町

岩手
3年ぶりに「はしご酒」 山田で12月1日開催
岩手
高品質のマダラを味わって 12月から宮古・山田・岩泉でフェア
岩手
クジラの研究まとめたパネル 岩手大院生、山田の科学館に寄贈
岩手
ルーレットで散策「まちあそび人生ゲーム」 山田で27日開催
岩手
「すずめの戸締まり」三鉄・織笠駅に聖地巡礼 全国からファン