全国3位の手作り漬物食べて 19日、道の駅風の丘で限定販売

19日に販売する「琴畑カブと三種の豆のシソの実エゴマ葉漬け」
 遠野緑峰高(高橋堅校長、生徒128人)生産技術科野菜果樹研究班は19日、全国賞に輝いた「琴畑カブと三種の豆のシソの実エゴマ葉漬け」を遠野市綾織町の道の駅遠野風の丘で販売する。

 漬物グランプリ2022個人の部で、全国3位相当の学生特別賞を受けた。真空パック80グラム入りで100円。同班の5人が午前11時から、30個限定で手売りする。購入は1人1個まで。

 遠野の伝統食「シソの実漬け」「豆漬け」を参考にカブと大豆、遠野産の青豆、黒豆を漬けた。豆の硬さや甘さ、シソの風味にこだわり、カブの特長を生かして、あっさりとした塩味に仕上げた。

遠野市

岩手
にぎわう創業感謝祭、大船渡市とコラボも 道の駅遠野風の丘
岩手
山開き、自然に包まれ 早池峰山、3年ぶりに神楽奉納
岩手
助け合い社会の縄文から学ぶ 遠野のドキ・土器館で企画展
岩手
スギの香り漂う木工作品展 遠野森業倶楽部
岩手
遠野物語、誕生の軌跡 新たな知見をもたらす一冊に