青空に映える「雪の回廊」 八幡平アスピーテライン

好天に誘われ、多くの観光客が訪れた八幡平アスピーテライン
 秋田県鹿角市と岩手県八幡平市を結ぶ八幡平アスピーテラインが大型連休に入り、観光客でにぎわっている。好天に恵まれた4日は、多くの人が訪れ「雪の回廊」でのドライブを楽しんだ。

 アスピーテラインは冬期間閉鎖している道路を除雪した際、両脇に雪が積み上げられて壁ができる。高い所で5メートル以上となる壁の間を車で通行でき、八幡平エリアの人気観光スポットとなっている。

 4日は県外ナンバーの車が目立ち、ドライバーたちは駐車スペースに車を止め、同乗者らと雪の壁をバックに写真を撮ったり、雪を触ったりして楽しんでいた。

 初めて訪れた青森県弘前市の40代女性は「青空の下で雪の白が映えてきれいだった。雪の壁が高く、迫力があった」と話していた。

鹿角市

秋田
西馬音内と毛馬内盆踊、無形遺産目指す 全国の「風流」連携
秋田
秋田を満喫!8月は祭り・イベント目白押し!
秋田
「縄文遺跡群」世界遺産推薦へ 21年登録目指す
秋田
秋田を満喫! 暑い夏、ひんやりスポットで楽しもう!
秋田
ドラゴンアイから涙ぽろり 八幡平山頂付近