養殖サーモン、祭りで魅力発信 大槌で12日、郷土芸能も

岩手大槌サーモン
 大槌町は12日、同町港町の海づくり記念公園で「岩手大槌サーモン祭り」を開く。郷土芸能祭も初めて同時開催し、まちの魅力が凝縮した一日になりそうだ。

 1匹約2キロのギンザケのつかみ取りや昨年の産業まつりで盛況だった模擬競りなどを実施。特売やサーモン汁とまぜご飯(各千食限定)の振る舞いもあり、海の味覚を堪能できる。鹿肉や台湾カステラなど町内外の飲食屋台も出店する。

 秋サケの不漁が続く一方、同町の養殖サーモンは順調に3季目の水揚げが始まった。

 午前9時~午後2時。問い合わせは町観光交流協会(0193・42・5121)へ。

大槌町

岩手
アワビづくしの宿泊いかが 宮古と田野畑、大槌の9施設がプラン
岩手
地酒「源水 純米吟醸」が完成 大槌町産の酒米と湧き水を使用
岩手
沿岸の旅、魅力知って スタンプラリーや体験企画の発信を強化
岩手
金子みすゞを朗読で 女優・谷英美さん、陸前高田と大槌で公演
岩手
浪板海岸、復活の海開き 大槌、12年ぶり海水浴客