「うにぎり」広がる磯の香り 釜石・道の駅仙人峠、土日祝日に販売

土日祝日限定で販売されている「うにぎり」
 釜石市甲子(かっし)町の道の駅釜石仙人峠(菊池利教(としのり)駅長)の食堂で土日祝日に限定販売する「うにぎり」が人気を集めている。磯スープで炊いた米や「うに味噌(みそ)」を使った風味豊かなおにぎりで、観光客らに好評だ。

 地元産ひとめぼれを同市のミネラルウオーター「仙人秘水」とスープで炊きあげ、表面に同市の水産加工販売・中村家の「うに味噌」をぬる。ウニは外国産を使って1個(約90グラム)200円と安価に抑えた。

 食堂で出す釜石ラーメンのお供として開発し、新型コロナウイルス禍は持ち帰り商品として販売を強化。午前10時ごろから店頭に並び、正午前に売り切れることも。多い日は100個ほど売り上げるという。

 佐々木雅浩副駅長(59)は「お土産で大量購入してくれるファンもいてありがたい。うにぎりを通じて、地元グルメに関心を持つきっかけづくりをしたい」と思いを込める。

 道の駅の営業は午前9時から午後6時。

釜石市

岩手
沿岸の旅、魅力知って スタンプラリーや体験企画の発信を強化
岩手
釜石産トマト、シャーベットに 酸味生かし後味爽やか
岩手
区画自由、広々キャンプ 釜石・根浜で新サイト運用開始
岩手
夢いっぱい短冊に込め JR釜石駅で園児が七夕の飾り付け
岩手
希少植物の標本展示 釜石で自然・生活環境展