版画の参考にした? 勝平得之が収集のガラス絵、泥絵を展示

 企画展「ガラス絵・泥絵の世界」が7月10日まで、秋田市の赤れんが郷土館で開かれている。同市出身の版画家・勝平得之(1904~71年)が生前集めたコレクションが並ぶ。



 人物や景勝地などが描かれたガラス絵と泥絵計73点を展示している。ガラス絵は板ガラスの裏から油彩で描く技法。泥絵は土などを染料で染めた絵の具で描き、鏡に映して見る鑑賞法が流行した。いずれも左右を逆に描く点などで、版画の制作技法と共通する部分があるという。

 主席主査の小野隆志さん(44)は「得之は絵を収集し、自身の版画の参考にしていたのではないか。絵を通じて当時の人々の息吹を感じてほしい」と話した。

 午前9時半~午後4時半。観覧料210円。

秋田市

秋田
秋田犬が待ってるよ 秋田市・千秋公園に「ふれあい処」
秋田
120年に1度の光景「スズタケ」咲く 秋田市・一つ森公園
秋田
川面に映る桜並木、闇に浮かぶ 秋田市・新城川沿い
秋田
秋田城跡、散策しやすく 資料館と史跡公園つなぐ連絡橋開通
秋田
千秋公園桜まつり、3年ぶり開催へ 屋台減らし、飲酒禁止に