版画の参考にした? 勝平得之が収集のガラス絵、泥絵を展示

 企画展「ガラス絵・泥絵の世界」が7月10日まで、秋田市の赤れんが郷土館で開かれている。同市出身の版画家・勝平得之(1904~71年)が生前集めたコレクションが並ぶ。



 人物や景勝地などが描かれたガラス絵と泥絵計73点を展示している。ガラス絵は板ガラスの裏から油彩で描く技法。泥絵は土などを染料で染めた絵の具で描き、鏡に映して見る鑑賞法が流行した。いずれも左右を逆に描く点などで、版画の制作技法と共通する部分があるという。

 主席主査の小野隆志さん(44)は「得之は絵を収集し、自身の版画の参考にしていたのではないか。絵を通じて当時の人々の息吹を感じてほしい」と話した。

 午前9時半~午後4時半。観覧料210円。

秋田市

秋田
雪景色の日本庭園楽しんで 日曜限定、水心苑で「特別開苑」
秋田
大型そり、たこ揚げ…楽しい思い出作ろう あす「県立中央公園冬まつり」
秋田
案内板や行き先標…鉄道古物を販売 2月、秋田市でイベント
秋田
大森山の新観覧車は福岡で愛された遊園地から 5月運転予定
秋田
冬の秋田、寒空の下でBBQしよう! 21日、秋田駅前