こいのぼりや「真田幸シカ」 端午の節句、ガラス作品で表現

真田幸村のかぶとや「真田幸シカ」を制作した廣田さん
 端午の節句にちなんだガラス作品が8日まで、秋田市の新屋ガラス工房で展示・販売されている。こいのぼりや戦国武将のかぶとなどをモチーフに、工房に在籍する作家らが制作した約50点が並ぶ。

 所属作家の廣田誉宗(たかむね)さん(29)=北海道出身=は真田幸村のかぶとをテーマに制作。溶かしたガラスに色付きのガラスを吹き付けた。

 このほか、シカにかぶとをかぶせた「真田幸シカ」も出品。自由な発想の作品が並んでいる。

 価格は4千~4万円。入場は無料で、営業時間は午前9時~午後5時。火曜定休(3日は営業)。問い合わせはガラス工房TEL018・853・4201

岩手
盛岡花火の祭典、10日生配信 無観客開催、自宅観賞を呼びかけ
岩手
ハロウィーン装飾列車乗って 三陸鉄道、31日まで運行
秋田
「苦労するほど美しく」 秋田市の75歳男性、ステンドグラスに夢中
岩手
秋吉敏子さんの魅力満載 盛岡バスセンターにミュージアム
岩手
皇室と本県の縁たどる 一関市博物館、作品やパネルで紹介