こいのぼりや「真田幸シカ」 端午の節句、ガラス作品で表現

真田幸村のかぶとや「真田幸シカ」を制作した廣田さん
 端午の節句にちなんだガラス作品が8日まで、秋田市の新屋ガラス工房で展示・販売されている。こいのぼりや戦国武将のかぶとなどをモチーフに、工房に在籍する作家らが制作した約50点が並ぶ。

 所属作家の廣田誉宗(たかむね)さん(29)=北海道出身=は真田幸村のかぶとをテーマに制作。溶かしたガラスに色付きのガラスを吹き付けた。

 このほか、シカにかぶとをかぶせた「真田幸シカ」も出品。自由な発想の作品が並んでいる。

 価格は4千~4万円。入場は無料で、営業時間は午前9時~午後5時。火曜定休(3日は営業)。問い合わせはガラス工房TEL018・853・4201

岩手
旬の食材で彩るチャグ馬弁当 盛岡・東家、6月11日まで
岩手
退職した五味医師へ写真展で恩返し 奥州・衣川地区センター
岩手
復興祈る作品、タイル壁画に 陸前高田市コミュニティホール
岩手
夏の風物詩、3年ぶり開催 かわさき花火大会と藤沢野焼祭
岩手
磯の香りが広がる「あかもくラーメン」 道の駅やまだで販売