来館30万人祝う 紫波・あらえびす記念館

30万人目の来館者となった桑原威夫さん(中央)
 紫波町彦部の野村胡堂・あらえびす記念館(杉本勉館長)は2日、1995年6月の開館から約24年で来館者が30万人に達し、令和元年2日目での達成を祝った。

 30万人目は川崎市から訪れた在日フランス大使館勤務の桑原威夫さん(57)。熊谷泉町長、町教委の侘美(たくみ)淳教育長、杉本館長らとくす玉を割った。同記念館協力会の野村晴一理事長は「建物や景観なども楽しんでほしい」と祝福した。

 桑原さんは趣味のオーディオ機器が縁で2013年から同町を訪れ、来館は今回で4回目。桑原さんは「オーディオファンにとって野村胡堂のレコード解説本はバイブルのようなもの。景色もよく写真を撮りながら訪れている」と笑顔を見せた。

紫波町

岩手
新酒ワイン 甘く香る 紫波フルーツパークが限定販売
岩手
おいしく楽しいキノコずらり 紫波町情報交流館で大祭
岩手
世相表す ユニークかかし集合 紫波ふる里センター
岩手
紫波さびバーガー24日発売 福田パンなど、グルージャ応援も
岩手
旬の味、ブルーベリー収穫体験 紫波農園きょうから