月1回、展勝地で走ろう 北上の愛好家団体、23日無料企画始動

23日に始動するランニングイベントに向け、コースを確認するいわてFUNランのメンバー
 県内のランニング愛好家でつくる任意団体いわてFUNラン(広沼雅秀代表、10人)は23日、月1回の無料イベント「きたかみマンスリーラン」を始動する。北上市立花の展勝地公園で桜並木など美しい景観を楽しみながら、無理なく走れる環境を整えようと企画。新型コロナウイルス禍で運動不足が危惧される市民らの健康づくりに貢献する。

 コースは、同公園内を通る1周2・5キロの散策路。イベントは午前8時に出発し、2周計5キロをそれぞれのペースで走る。ウオーキング参加もできる。初心者を含む約50人を見込み、居住地や年齢は問わない。

 4~10月の毎月第4土曜日に開き、参加無料。イベント支援サイト「イー・モシコム」での事前予約を原則とするが、当日の飛び入りや途中離脱もできる。

 市が2020年度に行った調査によると、1日30分以上の運動を週1回以上行っている市民は、18~24歳が28・3%、25~44歳が23・9%、45~64歳が32・2%と低調。平地を気軽に走れる今回の企画で、日常的な運動習慣を身に付けるきっかけをつくり、ランナー同士の交流機会にもつなげる。

 同団体は昨年5月に設立し、同公園近くの国見山(244メートル)で、山道を駆けるトレイルランニング(トレラン)のイベントを月1~3回開いてきた。今年も5月に始める。

 広沼代表(48)は「コロナ禍で自宅にこもる人が多い中、屋外で安全に楽しく健康づくりができる。仲間を増やしながら世代間交流もできるといい」と参加を呼びかける。

 問い合わせは同団体のメール(sion4010@yahoo.co.jp)へ。

北上市

岩手
写真と絵が入り交じる作品 北上で石田貴裕さん美術展
岩手
アレルギー対応、安心の味 北上・洋菓子店、小麦粉などを不使用
岩手
美しい刀、込められた思いも知って 北上市立博物館で企画展
岩手
展勝地の桜並木が満開 北上、見頃は24日ごろまで
岩手
北上市内も展勝地も桜開花 昨年より6日遅く