早咲きのカワヅザクラ開花 にかほ市象潟町の蚶満寺

 江戸時代の俳人・松尾芭蕉が訪れたことで知られる、秋田県にかほ市象潟町の蚶満寺の境内で、早咲きのカワヅザクラが咲き始め、辺りに春の訪れを告げている。

 カワヅザクラの木は本堂の正面にある。1日は、かれんな桃色の花が20輪ほど咲いていた。枝には今にもほころびそうなつぼみがいっぱいで、近くのエドヒガンザクラも数輪の花がついている。

 蚶満寺の観光案内をしている竹内賢さん(83)によると、昨年の開花は3月26日だった。早い年は3月20日ごろに咲いており、「今年は寒い日が続いたのでやや遅くなったようだ」という。

 見頃は来週後半になりそうだと竹内さん。本堂で修繕工事が行われているため、「訪れる場合は十分に気を付けてほしい」と話した。

 市観光協会によると、桜の開花宣言の基準となる同市金浦の勢至公園の標準木(ソメイヨシノ)の開花は、4月10日すぎの見通し。

にかほ市

秋田
旧佐々木家住宅の食堂、今月末で閉店 客足伸びず決断
秋田
池田修三さんの「ねがい」感じて 故郷・にかほ市で作品展
秋田
池田修三さん生家寄贈の2作品初公開 生誕100周年企画展
秋田
九十九島、水田に「浮かぶ」 田植え期のレアな光景
秋田
阿部雅龍さんの南極探検装備を紹介 白瀬記念館で7月まで