原敬別邸の石灯籠そろった 盛岡の記念館に寄贈、一般公開

原敬生家の庭園に移設された石灯籠
 盛岡市出身の「平民宰相」原敬(1856~1921年)ゆかりの石灯籠が同市本宮の原敬記念館に移設され、18日に一般公開が始まった。

 旧原敬別邸にあった「聚光院(じゅこういん)型石灯籠」は、かつて茶室近くに用いられていたもので高さは137センチ。同市中央通の菓子店翁本舗へと移り、店内に飾られていたが、原敬100回忌記念事業の趣旨に賛同した同店が寄贈した。

 かつて、原敬別邸には三つの石灯籠があった。そのうち二つは既に同記念館へ設置済みで、今回の寄贈で全ての石灯籠が同記念館にそろった。記念事業実行委の木村幸治事務局長(81)は「魅力的な石灯籠で、盛岡人の誇りだ」とほほ笑んだ。

盛岡市

岩手
盛岡の新球場で多彩なセレモニー 記念試合、さんさ、馬コ…
岩手
今年も開催「もりおか短角牛フェア」 盛岡18飲食店、2月末まで
岩手
沿岸の手作り品買って、復興後押し 盛岡・カワトクで「絆フェア」
岩手
心躍る「氷の世界」 盛岡・薮川で造形やイルミネーション
岩手
世界の街並みを3Dアートに 盛岡で米画家の作品展、23日まで