現代風にアレンジした「福よせ雛」 一関・千厩の2会場で展示会

福よせ雛を飾り付ける蔵サポーターの会のメンバー=千厩酒のくら交流施設
 飾られなくなったひな人形を現代風にアレンジした「福よせ雛(びな)」の展示会が11日、一関市千厩町の2会場で始まる。この日開幕する予定だった、せんまやひなまつりの「新たな目玉」。新型コロナウイルスの影響でまつりが2年続けて中止に追い込まれる中、趣向を凝らした力作が披露の日を迎え、制作した地元女性は「少しだけでも気持ちが晴れる」と喜びを口にする。

 両会場とも3月6日まで、午前10時~午後4時。

一関市

岩手
夏の風物詩、3年ぶり開催 かわさき花火大会と藤沢野焼祭
岩手
古い農具を活用、楽器に変身 一関・大東の市民俗資料館で展示
岩手
「昭和レトロ」薫る駄菓子が人気 一関・千厩酒のくら交流施設
岩手
残雪踏みしめ景色を堪能 栗駒山山開き
岩手
江戸時代の女性はどう生き抜いた 一関市博物館テーマ展