遠野物語、誕生の軌跡 新たな知見をもたらす一冊に

新刊の「原本 遠野物語」を手に、不朽の名著を起点とした日本民俗学研究の深化を期待する三浦佑之さん
 文学作品としての遠野物語は、いかに生まれたのか-。筆者の民俗学者柳田国男(1875~1962年)が出版に当たり、推敲(すいこう)を重ねた過程をたどる「原本 遠野物語」(岩波書店)が発刊された。和紙に筆書きした草稿など直筆の貴重な資料を余すことなく収録。多くの知られざる側面が明らかになり、不朽の名著に新たな知見をもたらす一冊になりそうだ。

 A4判224ページ、5500円。県内の主な書店で購入できる。

遠野市

岩手
まつり50周年、遠野熱く 3年ぶり開催、33団体が伝統芸能披露
岩手
3年ぶり遠野まつり、17日から開催 今年で50周年、参加団体に熱
岩手
世界のボードゲーム集合 330種類、遊べる場を創出
岩手
カッパや妖怪の紹介も 市立博物館・柳田国男没後60年特別展
岩手
木の恵み、豊かさ満喫 森フェス2022in遠野、きょうまで