遠野物語、誕生の軌跡 新たな知見をもたらす一冊に

新刊の「原本 遠野物語」を手に、不朽の名著を起点とした日本民俗学研究の深化を期待する三浦佑之さん
 文学作品としての遠野物語は、いかに生まれたのか-。筆者の民俗学者柳田国男(1875~1962年)が出版に当たり、推敲(すいこう)を重ねた過程をたどる「原本 遠野物語」(岩波書店)が発刊された。和紙に筆書きした草稿など直筆の貴重な資料を余すことなく収録。多くの知られざる側面が明らかになり、不朽の名著に新たな知見をもたらす一冊になりそうだ。

 A4判224ページ、5500円。県内の主な書店で購入できる。

遠野市

岩手
鍋倉城跡、パネル展で解説 遠野市立博物館、御城印も販売
岩手
人気ラーメン、元祖の地に 遠野の「京屋」が移転オープン
岩手
心弾むとぴあのピアノ 遠野、誰でも自由に演奏
岩手
宇宙とILC、関心高めて 遠野で小学生向けイベント
岩手
人が集う木のぬくもり空間 遠野・内田書店、空きスペースを改装