目を引く北三陸の世界 久慈・ヨムノスでウォールアート公開

もりはなこさん(右)が手掛けた北三陸ウォールアート
 久慈市中央のヨムノス(舘博実館長)で17日、巨大水彩画「北三陸ウォールアート」が公開された。温かみあるタッチで描かれた北限の海女やまめぶ汁など魅力あふれる地域資源が来場者を楽しませる。

 水彩画は縦2.3メートル、横6.4メートルで、ヨムノス1階中央に設置。イラストレーターもりはなこさん(36)=八戸市在住=が手掛け、うに弁当や小袖漁港防波堤灯台、夫婦岩、恐竜、三陸鉄道なども並ぶ。

久慈市

岩手
寒気の贈り物、氷筍きらきら 久慈の内間木洞、見学の児童歓喜
岩手
手のひらに「魚ガイド」 もぐらんぴあ、案内端末を試験運用
岩手
三陸鉄道「こたつ列車」ぬくもり運ぶ 「なもみ」も登場
岩手
水槽の中は華やか、クリスマス気分 久慈、もぐらんぴあ企画展
岩手
芸術性と思いあふれる作品 久慈の障害者支援・はあと舎初展示