「ギャラリー三鉄」出発 写真家3人、沿岸撮影

野田村の子どもたちの元気な姿をとらえた写真が展示された車両
 三陸国際芸術推進委員会(委員長・中村一郎三陸鉄道社長)は15日、「三鉄アートギャラリー」をスタートさせた。三陸ゆかりのプロの写真家3人が、本県沿岸部で撮り下ろした作品を、通常ダイヤで運行する三鉄の展示用車両に飾るもので、3週間ごとに作品を入れ替え3月末まで実施する。東日本大震災から11年を迎える沿岸部の魅力を見つめ直す機会となりそうだ。

 同日は宮古市宮町の宮古駅で出発式を行い、関係者がテープカット。3人のトップを飾り、2月5日まで12枚の作品を出品する三重県出身の写真家浅田政志さん(42)がビデオメッセージで「撮影は楽しく、思い出がいっぱいある。一人一人の表情を楽しんでほしい」と呼び掛けた。

 問い合わせは同推進委事務局(019・656・8145)へ。

宮古市

岩手
旬の毛ガニとワカメを味わって 沿岸8施設が宿泊プラン
岩手
幸多き年、縁起物に託し 宮古で年末の風物詩「お飾り市」
岩手
三陸鉄道「こたつ列車」ぬくもり運ぶ 「なもみ」も登場
岩手
クリスマスの思い出、形に 宮古で24日、撮影会や飲食販売
岩手
アワビづくしの宿泊いかが 宮古と田野畑、大槌の9施設がプラン