羊乳チーズで絶妙スイーツ 遠野・ジンギスカンのあんべ

新商品ケーキ「ペコリーノ・フォルマッジオ」
 遠野市早瀬町の飲食店ジンギスカンのあんべを運営する安部商店(安部吉弥社長)は、1947年の創業以来初となるスイーツの企画販売に乗り出した。第1弾はイタリア産羊乳チーズ「ペコリーノ・ロマーノ」を使ったチーズケーキ「ペコリーノ・フォルマッジオ」で、酸味とコクのバランスが絶妙な大人の味に仕上げた。羊に関連する食の価値創造を進める同社にまた一つ、新たな「味力」が加わった。

 ペコリーノ・ロマーノは、イタリア語でローマ地方の雌羊の意味。強い塩気とほのかな酸味が特徴で、3年前にはこのハードチーズを使ったピザを売り出している。

 チーズケーキ開発はこの時からの構想で、宮古市のしあわせ乳業(佐藤力社長)とタッグを組んで商品開発に着手。同社の完全自然放牧の牛乳にバニラやトンカ豆で豊潤な香りを加え、丁寧に焼き上げた。

 加熱から冷凍まで状態に応じ、味わいの違う4通りの食べ方を楽しめる。冷蔵状態ではコーヒーや紅茶との相性が抜群。レンジで加熱すれば、ワインのお供に早変わり。甘さ控えめで舌触りが良く、ジンギスカンを食べた後のデザートとしても最適だ。

 安部社長(52)は「日常のちょっとした食の楽しみを提供できる商品だと思う。今後も羊食文化の発展に寄与する商品開発に力を入れていく」と意気込む。

 チーズケーキは直径12センチ、約300グラムで2580円。店頭やホームページ、道の駅遠野風の丘などで販売。問い合わせは同店(0198・68・3655)へ。

遠野市

岩手
助け合い社会の縄文から学ぶ 遠野のドキ・土器館で企画展
岩手
スギの香り漂う木工作品展 遠野森業倶楽部
岩手
遠野物語、誕生の軌跡 新たな知見をもたらす一冊に
岩手
民話の古里、楽しむ冬 「遠野ふゆまつり2022」がスタート
岩手
地域深掘り観光マップ 遠野中が市内団体へ寄贈