愛され続ける本格中華 SAKURA、紫波から移転し再出発

海鮮と野菜のあんかけ焼きそば(900円)など本格中華が味わえるSAKURA
 盛岡市八幡町の中華料理SAKURA(桜井英寿店主)は紫波町から移転し、再出発した。常連客もおり、本格的な中華料理が人気を集めている。

 昨年11月の移転に合わせ、看板メニューのギョーザは野菜を大きくするなど工夫。前店舗で人気だった期間限定メニューの塩レモン野菜タンメンや中華カレー丼(いずれも780円)をグランドメニューに加えた。オリジナル調味料を使ったあんかけ焼きそばもお薦めだ。

 東京都出身の桜井さん(46)は小学生の頃から料理が好きで母栄子さん(70)の手伝いをしていた。「母と一緒に飲食店をやりたかった」と二人三脚で進む。片道1時間かけ毎週通うファンもおり「またお店を開いてくれてありがとう」との励ましに「本当にうれしい」と感謝する。

 桜井さんは「本格的な中華料理をリーズナブルに提供している。ゆっくり楽しんで」と呼び掛ける。

 営業は午前11時~午後2時半、午後5時半~同10時。木曜定休。問い合わせは同店(070・3630・0515)へ。

盛岡市

岩手
旬の食材で彩るチャグ馬弁当 盛岡・東家、6月11日まで
岩手
優美で実用的、マイセン産の陶磁器 盛岡、24日まで展示販売
岩手
「花農ソーセージドッグ」発売 盛岡・PanoPano向中野店、22日まで
岩手
省三、紅子が愛した風景 盛岡・野の花美術館で企画展
岩手
姫神山頂から眺める岩手山は爽快 盛岡、山開き