雪遊び、笑顔いっぱい いちのせき雪上楽園オープン、30日まで

歓声を上げながら滑り台を楽しむ子ども
 一関市の一般社団法人、世界遺産平泉・一関DMO(松本数馬代表理事)は8日、同市厳美町の真湯温泉センター隣に雪の遊び場「いちのせき雪上楽園」をオープンした。

 滑り台や巨大かまくらなどを用意し、30日まで期間限定で開設。積雪量が多い祭畤(まつるべ)地域の特性を生かし、子どもたちが雪に親しむ機会を提供する。

 午前9時15分~午後4時半。11、12、17、18、24、25日は休み。入場料は中学生以上500円、小学生以下無料。

 問い合わせは同法人(0191・48・3838)へ。

一関市

岩手
夏の風物詩、3年ぶり開催 かわさき花火大会と藤沢野焼祭
岩手
古い農具を活用、楽器に変身 一関・大東の市民俗資料館で展示
岩手
「昭和レトロ」薫る駄菓子が人気 一関・千厩酒のくら交流施設
岩手
残雪踏みしめ景色を堪能 栗駒山山開き
岩手
江戸時代の女性はどう生き抜いた 一関市博物館テーマ展