おうちでホタテラーメン 大船渡・三陸ふるさと振興

三陸の海産物の魅力を詰め込んだホタテラーメン
 大船渡市三陸町越喜来(おきらい)の道の駅さんりくを運営する三陸ふるさと振興(中井昭樹社長)は、地元・越喜来産のホタテを使用したホタテラーメンを開発した。三陸の海産物の魅力を自宅で手軽に味わえる商品で、お土産としても人気を集めそうだ。

 ラーメンは塩としょうゆの2種類。麺を1分ゆで、付属の具をのせるだけで完成する。越喜来産のホタテの身が丸ごと1個入り、ワカメやフノリ、マツモも三陸産のものを使用。塩、しょうゆともにあっさりとした味つけで、海鮮のうま味が感じられるように仕上げた。ともに580円。

 同社は三陸名物のホタテの新たな活用方法を見いだそうと、ホタテの加工商品の開発を続けてきた。試行錯誤する中で、道の駅さんりくでの持ち帰り用のラーメンの売れ行きが良いこと、陳列している商品に地元のラーメンがないことから、ホタテラーメン製作を着想。試作を重ねて、約2カ月で完成した。賞味期限が1カ月ほどで、手軽なお土産としての需要も期待する。

 道の駅さんりくとオンラインストアで販売する。同駅の営業時間は午前9時~午後5時。問い合わせは同駅(0192・44・3241)へ。

大船渡市

岩手
東京タワーにサンマ再び 11月13日イベント開催、寄付募る
岩手
沿岸の旅、魅力知って スタンプラリーや体験企画の発信を強化
岩手
姉妹都市30年、歩み紹介 大船渡市×スペイン・パロス市
岩手
大船渡に海中美術館が今月開館 三陸PR、養殖場にホヤオブジェ
岩手
フリマ、バンド演奏楽しもう 大船渡・リアスホールで21日フェス